吸湿発熱加工したインナーを着用しています

私は冬になると、吸湿発熱加工したインナーを着用しています。私は昔から寒がりで、冬になると外に出るのが苦手でした。その上、乾燥肌でしたので、冬はとてもつらい季節だったのです。そして、私は数年前に吸湿発熱加工したインナーと出会いました。吸湿加工とは、汗などの水分をインナーの繊維が吸い込み、熱に交換するというものです。この吸湿発熱加工したインナーを一度着ると、もう他の下着を着ることができないのです。実際に吸湿発熱加工したインナーを着ていると、普段よりも1枚少ない洋服で過ごすことができるのです。ですから、冬になるとどうしても着ぶくれして肥って見える私ですが、吸湿発熱加工したインナーのお陰で、とてもスリムに見えるのです。私が子供の頃は、真冬でも半ズボンで小学校に通っていたものです。当時は、学校に行っても暖房器具などありませんでしたから、授業中は本当に寒かったことを覚えています。

ですから、休み時間になると校庭でドッジボールや、サッカーをして体を温めていたのです。当時の子供たちは、それが普通でしたから、寒さに強かったのかも知れませんが、やはり朝の登校時間帯は霜柱が降りたりしていて、ものすごく寒かったと思います。私達が子供の頃には、吸湿発熱加工した下着などありませんでしたから、当時からこのように暖かな素材でできた下着があったらどんなに良かっただろうと思います。最近の子供たちの中には、吸湿発熱加工したレギンスやレッグウェアをはいている子供も多くいるそうです。レギンスやレッグウェアとは、昔でいうももひきのことです。私達が子供の頃は、先ほども言ったように、真冬でも半ズボンで過ごしていましたから、ももひきなどはいたことがありませんでした。そんな私も社会人になってからは冬の寒さには勝てずに、ももひきをはくようになりました。でも、昔のももひきは、生地が厚く、ズボンの下でなんだかもぞもぞして、あまりはき心地が良いものではありませんでした。それが、吸湿発熱加工したレギンスやレッグウェアは、生地が薄く、ズボンの下にはいていてもあまり違和感が無いのです。それ以来、毎年私も吸湿発熱加工したレギンスを着用するようになりました。

時代が移り変わると、どんどん便利な物が生まれてくるものです。これから、しばらく寒い季節が続きますが、風邪をひかないように毎日吸湿発熱加工したインナーやレギンスを着用して仕事に行こうと思っています。

Comments

0 comments so far.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>