一度は作ってみたいオリジナルTシャツ

洋服でインナーといえば

私にとって、インナーといって一番先に思い出すものは、下着として着用する物です。ここ最近では、夏場はドライタイプの物が出回っていていますし、冬場となれば熱を保つことができるタイプの物がよく出回っています。あらゆるメーカーから様々なものがあり、毎日活躍しています。特に夏場となると、子供は必要以上に汗をかくため、ドライタイプの物は大活躍しています。私の場合は、冬場に大活躍しています。冷え症なこともあり、熱を保つタイプの物がでてきてくれてとても助かっています。ひと昔前はぴったりフィットするタイプのインナーをよく着ていましたが、今ではもっぱら熱保存タイプのものを着用しています。今ではもう手放すことができません。旦那は、昔からある白い下着をインナーとして着ていますが、寒い時は、半袖と長袖のものを重ねて着用しています。

それ自体生地が厚いため、とても暖かいとのことです。また、インナーというと、上着やシャツの下に着用するものとしても認識されています。こういった形で着用する場合はおしゃれに気を配る必要があります。上着との色合わせも大切ですし、少しだけ見せる場合でも、気を配る必要があります。ここをおろそかにしてしまうと、おしゃれ度がぐんと下がってしまいます。女性は、ノースリーブやタンクトップなどをインナーとして着用することも多く、最近はデザインも豊富で、選ぶのが難しいほどです。基本的に、無地の物を選びますが、そんな中先ほど言ったようなちょっと見せるだけという着かただと、デザインのあるものでも構わないと思います。また、ノースリーブやタンクトップにブラジャーのカップがついているものがあり、それを着用すると上半身が締め付けられているという感覚がなく、夏場とても開放的になることができます。また、わき汗パットのようなものがついているものもあり、ますます進化してきています。女性にとってわき汗というものは、はづかしくてたまらないものなので、インナーでこういった商品を作ってくれるととてもありがたく、ますます買いたくなります。

しかし、私の失敗談としてですが、そのわき汗パットがついたタンクトップの上からノースリーブの服を重ねて着ていたのですが、そのわき汗パットがでたままだったため、腕をあげるとそのパットが丸見えという状況だったことがありました。しばらく気づかなかったため、どれだけの方に見られていたのか分かりません。あの時は恥ずかしい思いをしました。しかし、こういった商品はとても大活躍してくれるインナーです。